東京・神奈川を中心とした不動産管理、町田市・鶴川近辺の賃貸・売買・各種不動産情報ならワンズ・オフィス

  • ホームへ
  • 物件検索
  • 賃貸管理
  • 土地有効活用
  • 節税対策
  • エリア情報
  • お悩み相談室
  • お問合せ・会社情報

土地有効活用

土地有効活用のご案内 土地有効活用のご案内


土地活用の進め方


土地活用、と一言で言ってもさまざまな方法があります。
土地だけを活用する方法もあれば土地に建物を建てて活用する方法もあります。ただ言えることは総じていったん着手すると手軽にやり直しはできないということです。

だからこそ、慎重に慎重を重ねた事前検討と綿密なプラン作りを決して欠くことはできません。

当社は各分野の専門スタッフと連携を組み、将来を見据えた活用方法を企画提案しています。
ここではそのほんの一部をご紹介させていただきます。

失敗しない土地有効活用の為の、5つの検討ステップ 活用ステップ ステップ1

ステップ1.活用目的の明確化

単に税金が少なくなれば良い、いくらか家計の足しになれば良い、くらいの認識で土地活用を始めるとあとで必ず大変な目にあいます。

まず、何のために活用するのか、何をどう使っていくらの収益を上げる必要があるのか、目的と手段を検討します。この点を明確にしておかないと投資規模や活用方法も決まりませんし、ご家族間での意見の食い違い、しいては【争族】の原因を作りかねません。

ステップ2

ステップ2.活用方法検討

次にその目的を達成するための活用方法を検討していきます。

目的によっては将来売却しやすい形のままで活用する必要がありますし、固定資産税を下げる必要があれば建物が必要になります。何もしない、という選択肢もあるかもしれません。

最終的にはその土地の特性(基部、立地条件など)に最も適した活用方法を検討します。

ステップ3

ステップ3.制約条件チェック

活用方法を決定しても計画通りに実行できないケースもあります。立地によって法律の制限を受ける場合もありますし、土地が共有になっていて所有者全員の同意が必要となることもあるでしょう。そういった制約条件のチェックを実施しなくてはなりません。

さらに収益性だけでなく相続時のことも含めて問題はないか、じっくり検討する必要があります。

 

ステップ4

ステップ4.収益性の具体的検討

活用方法が決まったら収益性を徹底的に分析します。賃貸住宅を建てるのであれば入居者に関する市場性を調査、近隣競合物件の経営状況などを確認する必要があるでしょう。

同時に資金調達と中長期的な資金繰りに関しても検討しておく必要があります。この時点で本当に問題点がないか、徹底したをシュミレーションをする必要があります。

ステップ5

ステップ5.運営・管理方法検討

最後に建築後の運営管理について検討をおこないます。建物や入居者の管理要領、トラブル対処法などについて事前に十分検討しておく必要があります。

 

ページのトップへ戻る